あ・うん

B0006GB01Q

監督: 降旗康男
原作: 向田邦子
出演: 高倉健、富司純子、板東英二、富田靖子、宮元信子 他
公開: 1989年
時間: 116分

この映画にはかなりの思い入れがある。1980年3月9日〜3月30日にNHK総合「ドラマ人間模様 あ・うん」(全4話)として放送されたものを観て、強烈に印象に残っていたからである。89年、このドラマが映画化され、珍しく劇場に足を運んで観たことを覚えている。公開時も、大きな感動を覚えたが、あとで観ても『あ・うん』の世界は色あせることはなかった。 

昭和初期の山の手を舞台とした物語。会社員の水田とその家族、水田の親友門倉を中心とした庶民史を描いている。高倉健演じる門倉とその親友水田(坂東英二)、そして水田の妻たみ(富司純子)、この3人の関係がとってもすてきなのである。 この映画、ほほえましくて、切なくて、登場人物がみんな「かわいく」て「粋」なのである。会話の一言一句が胸にズキンズキンと来る。

昭和初期の話だけど、いつの時代にも通じる普遍的なテーマを扱っている。若い人にも是非見てもらいたい。向田邦子の原作がすばらしい。健さんも最高。坂東英二もなかなかいい味を出している。

当日本映画研究会の評価: 96点: 秀(A+)

『あ・うん』を
Amazonでチェックする





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76492747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。