鶯の宮邦画大学 日本映画研究会 Top > 良(B)の邦画 > インシテミル 7日間のデス・ゲーム

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

B004G8PO80インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-02-23

by G-Tools


理久彦(藤原竜也)がコンビニで求人雑誌を見ていら、祥子という女性(綾瀬はるか)に相談を持ちかけられる。自給 11万 2,000 円のバイトがあるのだが、どう思うかという相談だった。仕事の内容は、ある場所で男女10人が7日間暮らすという心理実験。理久彦と祥子は結局そのバイトをすることする。

つかみは OK という感じで、ストーリーの設定としてはおもしろい。ストーリーがどのように展開するのかわくわくしながら観ることができた。ただし、この心理実験の目的がちょっと安直っぽいと思った。もうちょっと工夫できなかったものかと思う。それと、最後にちょっとしたどんでん返しがあり、それによってさまざまな謎が解明する。ちょっと想像できないどんでん返しだった。心理実験が終ったあと、『カイジ』のような爽快感がないところが少し残念。

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』のデータ
監督: 中田秀夫
出演: 藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也
公開: 2010年
時間: 107分

当日本映画研究会の評価: 71 点: 良(B)
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』を
鶯の宮邦画大学 売店でチェックする
ぴあ映画生活でチェックする
goo 映画でチェックする









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。