ザ・マジックアワー

B001F3UWQ8ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン 2008-12-03

by G-Tools


「マジックアワー」とは夕暮れ時のほんの一瞬、世界が一番美しく見える瞬間のことらしい。三谷幸喜の第 4 作目となる作品。

『有頂天ホテル』があまりにもよかったので、すごく期待をして見た。しかし、残念ながら期待ほどの内容ではなかった。もちろん、それが狙いの 1 つなんだろうが、あまりにも現実離れしているというか・・・。舞台となっている町は日本なのか、それとも架空のどこかよその国の話なのか・・・ と思ってしまう。特に、後半はちょっと飽きてきた。とは言っても、そこはやっぱり三谷幸喜。十分楽しめる内容となっていた。

ギャングの下っ端である備後(妻夫木聡)は、ギャングのボスの女マリ(深津絵里)に手を出したことがバレてしまう。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来れば、命は助けてやると脅される。備後は、売れない俳優・村田大樹(佐藤浩市)を替え玉に仕立てあげ、ボスの所に連れて行く。


『ザ・マジックアワー』のデータ
監督: 三谷幸喜
出演: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介、中井貴一、鈴木京香、香川照之、天海祐希、唐沢寿明
公開: 2008年
時間: 136分

当日本映画研究会の評価: 78点: 良(B)

『ザ・マジックアワー』の動画を見る >> 鶯の宮邦画大学動画視聴室

『ザ・マジックアワー』を
アマゾンでチェックする
映画生活でチェックする


『ザ・マジックアワー』公式サイト






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。